映画「ウォークラフト」の試写会へ行ったお話

 


ウォークラフトはBlizzard Entertainment社が発売したリアルタイムストラテジーコンピューターゲーム。
このウォークラフトの世界観を踏襲した、MMORPGのワールドオブウォークラフトは
「最多登録者数のMMORPG」としてギネスブックに登録されているほど向こうでは知名度のあるゲームです。

そして、最近日本語に対応して私たちがどハマりしている
「ハースストーン」はこの二つのゲームが背景にあるので
この映画はハースストーンの元ネタが少し分かるという私たちプレイヤーには楽しい要素があるのです。


とある筋からウォークラフトの試写会へのお誘いを頂き元々見る気満々だったので
願ったり叶ったりとご厚意に飛びついて今日映画の試写会へ行ってきました!


もう昨日からずっとわくわくしっぱなしでした。
遠足前夜の子供並にそれはもう・・・w



ブーッ・・・というあの映画の始まりを告げる音が鳴り終わって暗転。


映画が始まって1分もしないうちにすっかりあの世界観に吸い込まれていました。


ネタバレはしたくないので、ネタバレはしませんが、
感想としては本当に心から人におすすめできるものと言った感じでした。


ゲームをやっている人ならわかると思いますが、あの世界観を実写で表現するのは
正直なところ無理があるとそう思ってしまいませんか?
こういうゲームやアニメの実写で無理があると言われる一番の
理由が私は、人間以外の種族の表現、戦闘シーンの表現が困難だからだと思っています。
ですが、ゲーム、アニメの魅力はこの”非現実世界のストーリーである”ことが大きいのです。
なので、勿論この世界観を表現できなければ実写は失敗だと言わざるを得ません。

では、このウォークラフトがどうだったのか?というと
充分過ぎるほどにその問題点をクリアしていたのです。
映像においては今の技術はこれほどまでに凄いのかと素直に感動しました。
本当に一つの世界としてどこかにこの映像がそのまま存在するのではないかと思わされるほどの
クオリティでした。

人間以外の種族の表現も何の問題もなく、オーク族はきちんオーク族をしていたし
、ドワーフもエルフもきちんとその形をしていました。
逆にどうやってこんな風にしっかりとあの世界の種族を作り上げられたのだろうかと思うくらいでした。


映像美で一番感動したのは、ストームウィンド、カラザンの世界の映像でした。
私の所持している日本語なんかではとても形容しきれないほどの綺麗なその絶景は
是非自分の目で確認してほしいです!




ストーリーについても、キャッチコピーの「それは生きるための選択。」というのが
しっくりくるものでした。
自分が生きるための選択、自分の大切な人を生きさせるための選択。


それぞれの「生きるための選択。」
それ故に避けられない戦いがあるのです。
この題材はしっかりとストーリーの中にも描かれていたと思います。
あまり詳細に言ってしまうとネタバレになるのであくまでも抽象的な表現には
なってしまいますが…。

見るにあたって個人的にお願いしたいのが、
「誰が主人公か」という事は気にしないで見ていただきたいという事です。
上映後にも何人かが誰が主人公なのかわからないという意見を漏らしていたのですが、
私は、そこをきちんと置かないところがこの映画のいいところだと思っています。

何人かの主要な登場人物が出てきますが、誰が主人公かを敢えてボカすことによって
より強く「生きるための選択。」という題材が鮮明に映えているのだと思います。
それぞれの登場人物にそれぞれ「生きるための選択。」があるのです。
なので、見るときには自分が一番惹かれたキャラクター、一番共感できたキャラクターを
主人公としていいと思います。
見た人各々に各々の思う主人公が存在していいと思うのです。


私は最初こそHSではウォーロック推しなので、グルダン視点で見ていましたが、
最終的には、カドガーとガローナの視点でどっぷり感情移入していました。
ガローナの所では感情移入しすぎて、すこし涙が出ましたw

 
ゲームユーザーには一般人の何倍も楽しめるゲームの小ネタがあり
そういう所でもこちらの視線を一瞬でも逸らさせないぞ!という制作サイドの
拘りが感じられました。
少なくともハースストーンをやっている人ならだれでも
あ!これ知ってる!!!っていうシーンが
3つはあるので是非どこにそのシーンがあるのか楽しみにしてみてください。


一度だけではこの映画は楽しみ尽くせないです。
映画終わった後のハースストーンユーザー同士での
「あそこの○○気づいた!?」
というやり取りは鉄板ですし、自分の気づかなかった所を
探すためにもう一度見るのは普通にありだと思います。

ストーリーを一度知ったうえで再度各登場人物の選択を見るのは
一回目とはまた違う思いがあるだろうし。
ストーリーは楽しんだからじゃあ今度は小ネタを探してやろう!ってもう一度
見るのも十分に楽しい要素だと思います。

少なくとも私はあと2回は劇場で見る予定ですし、円盤になったら
間違いなく買ってしまうと思いますw



本当にそれくらいにおすすめなので、公開している劇場が近くにないよ!っていう方も
遠出して見る価値は充分にあると思います!
なので、是非見てほしいです!
もし見たら語り合いましょう!
 
 


追記にはネタバレ含む動画を貼るので自己責任で。
一度映画を見た人がもう一度映画を見たくなる感じの動画です。


 



ウォークラフトのHS小ネタ動画


こんなのわかんないよwww
気づかないわwwwwwww

っていうシーンが多くて
あー!!!そうだったのか!!!!
ってまんまともう一度見たくなってしまったw


 
本当制作サイドのこの細かい拘りには心をつかまれちゃいます。

 
 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shichanks

Author:shichanks
ポケモンとかFPSとかのブログでしたが
おしっこ考察が主です。

最新コメント
最新記事
しーちゃんくすのツイット
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

Categories...B

openclose

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
1340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
106位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる